阪神・淡路大震災から 20 年が経過した今、神戸の復興を振り返って

阪神・淡路大震災からの総括・検証において、草の根ワークショップから生活再建課題は7要素からなるという知見が得られたことや、その7要素の中で、「(人と人の)つながり」は生活再建を進める上で鍵となり、「自律と連帯」に集約されるという知見が得られた

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
本荘雄一 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第12号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)