震災復興まちづくりとは、結局なんであったのか? -阪神・淡路大震災 20 年に復興を考える-

阪神・淡路大震災を経験し、復興過程に携わるうちに、地縁的社会の「まち住区」が大切であるという意識を改めて強く持つようになった。小規模分散自律生活圏である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小林郁雄  
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
地域組織 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第12号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL