長期の復興プロセスにおける報道の意義と課題  阪神・淡路大震災を中心に

伝える側に震災の経験者が少なくなっていくと同時に、報道の受け手である読者の意識も、復興過程で変化していく。兵庫県内でも、大きな被害を受けた地域以外は復興への関心は高いとはいえない。それは、震災から数年ですでに顕著になっていたことだが、関心の差は年月とともにさらに開いている。東日本大震災の復興過程を見ても分かるが、大規模な災害でもローカルニュースになっていくスピードは速く、被災地外の人々の関心は2、3年もすればかなり薄れる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
磯辺 康子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第10号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)