長期の復興プロセスにおける報道の意義と課題  阪神・淡路大震災を中心に

勉強会はあくまで、若手記者らが災害について考えるきっかけであり、実際に復興の課題を実感するには、普段の取材でさまざまな立場の人に少しでも多く体験を聞かねばならない。その積み重ねがなければ、複雑な復興の課題は見えてこない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
磯辺 康子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
災害伝承 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会誌 復興 通巻  
掲載巻ページ:
第10号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会誌 復興 通巻
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)