復興の取り組みに対する住民参加の現状と課題-東日本大震災における仮設住宅居住者を事例として-

有効感が無く、相談や参加に意味を見いだせないという語りが、対象者から少なからず聞かれた。これらの語りは地点別に差が見られており、この差は、カテゴリーごとに異なる結果となっていることから、その地域における復興課題を反映したものであると考えることが出来る

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小林秀行 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第7号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)