復興の取り組みに対する住民参加の現状と課題-東日本大震災における仮設住宅居住者を事例として-

量的分析からは、回答者の約7割を占める60代以上の仮設住宅居住者に留意すると、自宅や生活の再建、地域社会の再生といったことを望みながらも、そうした希望に関する悩みは、家族や仕事仲間、行政といった、各対象者の日常的な社会関係のなかで処理されていた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小林秀行 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第7号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)