生活復興感の決定要因について-東日本大震災の被災地住民アンケート調査から-

被害の有無によって二つのグループにわけって推定を行ったところ、世帯所得と復興感の相関関係は両グループに共通でみられた。一方、家族や親戚の存在が復興感を高めている効果や、地域への愛着ダミーが復興感を低下させている効果は直接的な被害を受けたグループのみに見られる特徴であった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
李永俊 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第6号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)