東日本大震災における仮住まいのあり方が個人の生活再建に与える影響について-名取市現況調査のデータをもとに-

借り上げ仮設住宅という制度のあり方について、次の2点が言及できる。まず、主体的に生活再建を進められるだめの金銭的、体力的、精神的力がある世帯に対しては、生活再建をスムーズに進める後押しをする効果があると推察される点である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松川 杏寧 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概  
掲載巻ページ:
No.37 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概