東日本大震災被災自治体の復興担当職員の主観的判断による被災地の生活復興の進捗状況について

現在復興事業が急速に進みつつある。しかし自らの住宅を再建するなど、自立して復興した住民以外は、復興事業がおわってからでないと、住宅等基本的な復興の要素が整わない。事業終了後、自治体職員の考える復興と住民の考える復興の差異を考える必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
三浦 春菜 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概 
掲載巻ページ:
No.37 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概