東日本大震災(2011年)における全国自治体の広域支援の実態について

物的支援においては、発災直後の短時間で支援の有無を眺めるなら、阪神・淡路大震災で明確にみられた被災地からの距離の実施率の減衰効果が比較的当該地震でも発現している傾向にあると言える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大井手 理央 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
広域連携体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概  
掲載巻ページ:
No.37 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概