東日本大震災(2011年)における全国自治体の広域支援の実態について

東日本大震災における支援においては、被災規模は広範囲にわたっているため、近接した自治体の実施率の低下が予想されたが、市や町など自治体規模が大きい自治体に関しては、特に人的支援において支援先からの距離に寄らず実施率が高い傾向が見られた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大井手 理央 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
広域連携体制 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概  
掲載巻ページ:
No.37 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概