兵庫県立13病院を対象とした災害研修プログラム(DT-H)の実施と検証(阪神・淡路大震災から20年目の研修として)

④今回のDT_Hは、複数病院への同時実施であったが、参加者はカードから院内の状況をイメージできていた。このことより、DT_Hは、病院の規模や専門性等に関わらず、災害研修として成り立つと考えられる.また、本研修によって各病院の現状や対策に関する21ができ、病院ごとに異なる課題が浮き彫りになったと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
福永 博文 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
住民 
カテゴリ:
災害医療 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概 
掲載巻ページ:
No.37 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概