東日本大震災の発生から4年間における生活復興過程の評価-宮城県の被災者を対象にした東北大・河北新報合同継続調査から-

1年後調査は、同一回答世帯ではないが、参考値として示している。全体として、2年後にいずれの指標として良好傾向となるものの、3年後に悪化し、4年後に再び良好傾向をしめしていた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概 
掲載巻ページ:
No.36 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概