東日本大震災被災地の人口移動-個票データを用いた居住地選択モデル分析-

震災による被害がなかった人や少なかった人でも、所得の高い人や若い人は転出の可能性が高く、人口流出は地域の構造的な問題であること、とくに農村部において被害を受けたことをきっかけに転出する傾向が見られ、震災はこうした流れをつくるトリガーとしての役割を果たしたことが示唆された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川脇 康生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
人口 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概 
掲載巻ページ:
No.36 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概