東日本大震災被災地の人口移動-個票データを用いた居住地選択モデル分析-

地域固有資産である持家や地域における社会的ネットワークは転出を抑制する効果があり、特に大きな被害を受けた人たちや、農村部コミュニティにおいては社会的ネットワークが転出抑制効果を持っていることが分かった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川脇 康生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
人口 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概 
掲載巻ページ:
No.36 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概