東日本大震災における津波火災に対する社寺の防災拠点活用の実態に関する研究

消化設備に関しては、当調査対象の地域の寺社には独自の消火設備が備えられていることが散見され、消火栓が備えられている前社寺において、地震直後に消火栓が起動しなかったことが明らかとなった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
田中 宏樹 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
津波火災 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概  
掲載巻ページ:
No.36 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概