東日本大震災後の被災者の自主住宅移転再建と市街地空間形成

震災前から過疎化や高齢化が進み、震災を機にその加速が危惧される中で、市街地の拡大化・低密度化はインフラ整備や維持コストの増大、市民のモビリティ・アクセシビリティの低下。隣保コミュニティの不活性化などの非効率性をもたらしかねず、個人の生活再建とともに、復興に向けた市街地空間の変容を長期かつ継続的に追跡する必要性を提起した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
柄谷 友香 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概  
掲載巻ページ:
No.35 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概