東日本大震災後の被災者の自主住宅移転再建と市街地空間形成

(自主住宅移転再建を含む)震災後の新規着工建物を特定し、浸水区域と既存建物等の市街地情報をGISを用いて可視化した、様相の異なる陸前高田市と東松島市の市街地空間形成を比較検討し、既存の宅地造成地の供給量(リダンダンシー)や商業・公共・交通施設の有無(利便性)、既存のコミュニティへのこだわり(親和性)などの要因を抽出した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
柄谷 友香 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概  
掲載巻ページ:
No.35 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概