東日本大震災と被災地住民の近所付き合いの変化-災害回復力ある地域コミュニティの要因分析-

災害後、近隣ネットワークが活性化し地域コミュニティが災害回復力を発揮するためには、平時からの地域活動の実践などソーシャル・キャピタルの醸成と、仮設住宅への入居や居住地移動などに関して、コミュニティに配慮した復興政策が重要であることが示唆された。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川脇 康生 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
コミュニティ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概 
掲載巻ページ:
No.35 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概