東日本大震災と被災地住民の近所付き合いの変化-災害回復力ある地域コミュニティの要因分析-

仮設住宅への入居、別の市町村への移動は、近所付き合いを減らす確率を高めるほか、若い人ほど震災後近所付き合いを増やす確率が高く、世帯年収が低い人ほど近所付き合いを減らす確率が高いことが示された

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
川脇 康生 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
応急仮設住宅 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概 
掲載巻ページ:
No.35 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概