自由回答テキスト分析から把握する東日本大震災津波被災者の2014年2月調査における主観的復興感

生活や市街地が望ましい状態、期待する状態になる過程でも生活が安定すること、すぐに望ましい状態。期待する状態にならなくても、その見通しが立っていること、市民の生活の将来像が見えることが復興感を感じる事象と考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小田切 利栄 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概  
掲載巻ページ:
No.35 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概