2011年東北地方太平洋沖地震の津波被害域における水占有率と後方散乱係数の関係

本研究では東北地方太平洋沖地震津波後の浸水域を対象に、LandsatETM+画像からSMAを用いて得られた水占有率とALOSPALSAR,ENVISATASARの後方散乱係数を比較した。両者の関係はバラツキが大きいものの、C-bandのASARの方がL-bandのPALSARよりも水占有率の推定に適していることが示唆される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
篠原 崇之 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
津波 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会梗概 
掲載巻ページ:
No.35 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会梗概