東北地方の各県における東日本大震災の教訓を活かした官民災害協定の拡充に関する分析

東北地方の県が締結している協定と震災の教訓との対応を分析し,教訓が協定の拡大に活かされている状況を把握できた.特に,東日本大震災で始めて大きな問題となった燃料の不足は,燃料関係の協定をみると,震災前には締結している県は少なかったが,震災後現時点までに大きく拡大しており,教訓が明確に活かされているとみられた

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
寅屋敷 哲也 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
協定 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.28 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)