東北地方の各県における東日本大震災の教訓を活かした官民災害協定の拡充に関する分析

協定の締結状況を地域横断的に比較する場合,協定の締結先を個々の企業・法人と組合・連合会等の団体を区別せず,相手方との協定の単純な件数で比較するのは困難であることがわかった.その理由は,相手方を個々の企業にするか団体にするかの差が県・市で大きいためである.そこで,本研究では,防災基本計画の構成に基づいた分類を用いて協定区分を定める手法を提示し,これにより,地域横断的な災害協定の締結状況の比較・評価を行うことができた.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
寅屋敷 哲也 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
協定 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.28 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)