東日本大震災の被災中小企業ヒアリングで把握された事業継続の必要要素と復興制度の事業継続面での課題

①早期復旧を実現する必要な要素・BCPを持つか否かにかかわらず,経営者等が代替拠点を迅速に確保するために素早い行動をとること・従業員の確保に当たり,被災による減少を覚悟し,被災者の通勤の便宜等にも配慮すること・復旧本格化後には,人手不足を予想すること・通信手段を確保し,取引先に迅速に被災状況説明や取引維持のための連絡をとること・電力,水道などの代替調達や燃料の確保に具体的に取り組むこと

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
丸谷 浩明 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
事業継続計画(BCP) 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.28 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)