東日本大震災後の大槌町における避難所へのアクセルに関する研究-スモールインフラストラクチャーとしての山道-

そうした近代的な土木技術に基づき建設された低地の道路ネットワークに大きく依存する社会に孕む危険性が、東日本大震災直後における各地区の孤立という形で露呈した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
岡村 健太郎 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難行動 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集