災害が社会に与える影響の定量的評価方法の基礎的研究-阪神・淡路大震災と新潟県中越地震を対象にして-

被災後の人口構造は、もともとの人口構造に依存しやすいことや、再開発事業や区画整備事業によって地域の若返りが起こる一方で、復興公営住宅では地域の若返りは起こりにくく、一時的な人口回復があったとしても長期的な人口持続性の向上は起こりにくいということがわかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
曽我辺 哲人 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集