東日本大震災における福島県内市町村を対象とした避難ルート特性と死亡率の分析

死者に着目した分析の結果から,亡くなった人がどのような状況で亡くなったのかが整理できた.具体的には,津波曝露人口の変動要因となる地形的要因を,地形特性,標高分布,避難ルートに分類し,人的被害発生要因の整理ができた.これらより,津波曝露人口に関する要因を多方面から評価できた.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
四井 早紀 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
人的被害 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集