被災者の生活再建支援を目的にした被災者のセグメント化と行政対応戦略の検討手法の提案―東日本大震災で被災した名取市の事例-

3)調査対象となった被災者群は,「要継続支援層」「住まい再建支援層」「経過見守り層」「市外連携支援層」の4つのセグメントで捉えることができた.これらのセグメントは,心身ストレス,生活復興感,復興過程感において意味のある差を示し,セグメント化が妥当に行われているとともに,重篤なセグメントをターゲティングするのに有用であった.このように被災者をセグメントできることは,被災者支援という行政対応の戦略化が可能であることを意味している

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集