被災者の生活再建支援を目的にした被災者のセグメント化と行政対応戦略の検討手法の提案―東日本大震災で被災した名取市の事例-

被災者支援にターゲット・マーケティングの視点を応用することを意図して.被災者のセグメント化を行うためにソーシャル・マーケティングの視点から,名取市が実施した応急仮設住宅に居住する被災者の現況を把握するために行った質問紙調査データに対する多変量解析を行い,その可能性や有用性について論じた.本研究の結論は,次のようにまとめられる:

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集