東日本大震災後の観光業復興のための取組み効果に関する研究‐茨城県大洗町の宿泊施設を対象として‐

宿泊者獲得に貢献した取組み仮説2の検証(平均値の差の分析)から宿泊者獲得の短期的な効果と中長期的な効果がみられる取組みがあることが明らかとなった.また数量化Ⅰ類の分析結果からも復興を目的に行われた町や観光協会が主体となって実施した取組みやアニメのブームによる恩恵から時間の経過とともに各宿泊施設の一般的な観光対策に移行していることが示された.さらにソフト面の取組み以外にも施設リニューアルというハード面の取組みも宿泊者回復に効果的であることが明らかとなった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
野澤 駿平 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
観光 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集