東日本大震災後の観光業復興のための取組み効果に関する研究‐茨城県大洗町の宿泊施設を対象として‐

宿泊施設の被害程度の定量的な把握東日本大震災後の観光業の復興状況に関する既往研究では定性的な調査に留まっていたが,本研究では宿泊施設の物的被害の程度,宿泊予約のキャンセルや復旧作業員による利用といった震災直後期の影響,宿泊者数の未回復の現状,風評被害の状況をアンケート調査から定量的に把握することができた.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
野澤 駿平 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
観光 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集