東日本大震災被災者の後悔に関する証言に対するドキュメント分析から考える防災活動の目的

長引く後悔をしている被災者は,1.財産よりも生命を喪失した場合に多い,2.生命の喪失に関しては,親族関係がない人よりも親族関係がある人(特に,近親者)を喪失した場合に多い,3.財産の喪失に関しては,代替可能な物よりも代替不可能な物を喪失した場合に多い,といった傾向があることを確認した.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
藤本 一雄 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
こころのケア 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集