東日本大震災被災者の後悔に関する証言に対するドキュメント分析から考える防災活動の目的

・身体の喪失(4件)に関しては,負傷:2件,被爆(の可能性を含む):2件であった.前者については,東日本大震災では生命の喪失(死者・行方不明者)に比べて身体の喪失(重傷者)の数が極端に少なかったこと,後者については,「後悔」とは別の感情の方がより強く現れやすい可能性を指摘した.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
藤本 一雄 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
こころのケア 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.27 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集