東日本大震災における高速道路走行中の運転者の行動に関する分析

類似点としては,上述の③と④についての分析結果を得た.まず,地震発生を認知した後に走行を続ける運転者の問題が,既往の知見と同様に,本研究でも観察された.また,高速道路上の掲示や,テレビ・ラジオの報道は,運転者に対して有効な情報を提供でてきていない点も確認された

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
地引 泰人 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
交通 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.26 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)