被災者の復興感からみた東日本大震災の生活復興過程‐大船渡・気仙沼・新地の3ヵ年の被災者調査から‐

生活復興感については,単に総合的に高い/低いというだけでなく,生活面,経済面,まち・地域に対する思いなど,複雑な思い,ばらつきやタイプがあることが明らかとなった.復興感には,年齢,性別,自宅の被災状況,現在の住まいによる差異がある.男性・女性,年代,被災状況別,現在の住まいの状況別に,どのような復興タイプの人がどの程度存在しているのかをみることで,望ましい支援のあり方を検討する際の基礎資料とすることができる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
土屋 依子 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.24 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集