復旧・復興業務に対する都道府県間の人的支援調整に関する研究‐東日本大震災の事例を中心に‐

本研究においては,今後の取組として,全国知事会を中心とした全国レベルでの人的支援調整システムを構築すること,具体的には,①全国知事会に新たに災害対応を行う常設の部局を整備し,そこを中心に人的支援調整を行うこと,②被災地における人援要請業務をサポートする専門チームをつくること,③災害対応業務に従事可能な自治体職員の人材バンクを構築すること,④国・全国知事会による任期付職員の代行採用の実施を提案した.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
阪本 真由美 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
人的支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.24 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集