被災者調査における東日本大震災から3年目の復興進捗状況‐復興の停滞感と住宅再建における迷い‐

本研究では,東日本大震災から3年が経過した被災者の現状と課題を明らかにするために,2014年1月,被災者に対して質問紙調査を実施した.特に被災者が避難生活を余儀なくされている現状をふまえ,被災者の「復興の停滞感」と「住宅再建における迷い」に焦点をあてながら考察した

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
木村 玲欧 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.24 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集