東日本大震災における「見える復興」を目指した復興広報活動に関する事態調査・分析‐宮城県内の被災自治体を対象にして‐

媒体種について見ると,表6中の広報紙と新聞(既存地方紙)以外は,復興広報のために作られた新規の媒体であるということも分かる.復興広報においては,それに特化・差異化した媒体を設ける必要があり,かつそれらは更新を前提として作られているという特徴がある

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 翔輔 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
情報提供→情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.24 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
登録者の他の教訓(コンテンツ)