津波火災に関する東日本大震災を対象とした質問紙調査の報告と出火件数予測手法の提案

第2の目的は津波火災の出火件数予測式の提案である。この点についても上記のデータベースを利用することで、車両火災のより精度の高い予測という課題は残されているものの、おおよそ当てはまりのよい予測式を提案することができた。この成果により重油流出対策など各地における津波火災対策の効果を検証することが可能となり、また津波火災リスクの大小も相対的に把握することができる。これは、津波火災の発生を考慮した津波避難ルール作りに関する(その要否も含めた)重要な基礎資料となる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
廣井 悠 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
津波火災 
場所:
港湾 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.24 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集