東日本大震災における首都圏の帰宅困難者に関するアンケート調査 (その 2) 意志決定のための情報

本報告より,大多数の人たちの情報入手手段はテレビが多かったものの,携帯電話による情報入手のニーズが極めて大きいこと,また家族の安否のみならず,このような余震の蓋然性の高い大きな地震発生時には自分の住んでいる地域の情報を必要とする人が多いことがわかった.さらに,家族と安否が取れても心配に帰宅を試みる人が多いことも判明している.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山田常圭 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
帰宅困難者 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集