東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故の農村地域の環境・社会への影響 ―福島県飯舘村の災害初期段階の状況―

④“不安を煽らない”という大義の下での情報操作大義の元で、行政のアドバイザーと称する専門家から“安全・安心”情報が乱発されている。汚染にかかる現状分析が十分でない段階で、性急な結論は危険である。被災者心理を突いた「もう安心!」の言葉を拠り所にしている村民は多い。低放射線の積算による影響についての言及も少ないため

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
浦上 健司 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
原発対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集
登録者の他の教訓(コンテンツ)