東北地方太平洋沖地震における栃木県北部地域の木造建築物の被害調査

調査地域のうち那須塩原市寺子から北側の那須町エリアの35が大きかった。今回調査した木造建築物では倒壊は認められなかったが、瓦屋根や外壁の崩落、付属する給湯器の転倒が顕著であった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
相馬 智明 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
建物被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集