東日本大震災に関わる人的被害について

警察庁や消防庁の人的被害の把握状況を通じて、今回の震災では阪神・淡路大震災と比べ被害把握が遅れたこと、的確な把握のために役場など防災拠点の重要性を示唆した。また、被害は高齢者に集中する傾向があることを示した。それは来る南海トラフの地震でも同様の被害想定が必要であると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
鈴木承慈 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
人的被害 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集