2011 年東北地方太平洋沖地震における免震建物の地震応答

免震層を固定して非免震構造とした場合の解析を行い、免震構造の応答と比較した。各層の最大応答加速度を図に示す。免震構造の応答加速度は非免震の約 1/2 となっており、今回の地震において高い免震効果が発揮されていることが確認できた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山上 聡 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
免震 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集