新潟大学における鉄筋コンクリート造建物の振動性状 -微動観測の季節変動と 2011 年東北地方太平洋沖地震の強震記録-

RC 造 5 階建て建物における常時微動観測,地震観測記録をまとめた。新潟では,特に地表で冬季の常時微動が大きくなる傾向があるため,気象条件と比較した。気温が低い冬季の記録ほど固有周期が伸びる傾向にあったが,波高や風速とは相関低く理由は不明である。2011 年東北地方太平洋沖地震の記録についても,従来観測された地震動と同様に主要動付近では周期が伸び,揺れが収まるにつれて元に戻る傾向があった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中村友紀子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集