2011年東北地方太平洋沖地震における東京都内に立地する鉄骨造建物の応答

②固有振動数は、加速度応答値が大きくなるに従って低下し、減衰定数はばらつきが大きいものの、加速度応答値が大きくなるに従って増加する傾向がみられた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山本健史 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集
登録者の他の教訓(コンテンツ)