2011 年東北地方太平洋沖地震において液状化した区域における板状建築物の地震観測結果 (その 2:地震観測結果の報告)

本研究で地震観測を実施した板状建築物においては、東北地方太平洋沖地震において周辺地盤に36が生じた。その影響は地震観測結果においてはフーリエ振幅比1F/GL に現れ、5F/1F にはあまり現れなかったことを確認した。本報で示した建築物の地震応答には、地盤との相互作用が大きく影響したと推定される。その耐震性能と設計用地震力設定を合理的に行うには、今回の地震観測結果を説明し得る簡潔なモデルを構築していくことが重要と考える。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小豆畑達哉 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
液状化 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集