東北地方太平洋沖地震における超高層制振建物の地震応答評価 (その 2 強震観測記録を用いた超高層制振建物の地震応答解析)

実際に地震記録が観測された超高層制振建物について、その記録を用いた地震応答解析を行った。応答解析の結果、X(桁行)方向は観測記録と概ね一致した。Y(梁間)方向は、観測記録より小さい結果となったが、これについては高次モードに対する減衰評価の影響が考えられ、今後の検討課題である。変位応答時刻歴は両方向とも良く対応しており、解析モデルの妥当性が確認できた。
また、今回の地震で本建物のダンパーは十分な性能を発揮していることが確認できた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
元樋 敏也 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集