東北地方太平洋沖地震における超高層制振建物の地震応答評価 (その1 強震観測記録の分析)

仙台市内の超高層制振建物で観測された地震記録の分析を行った。東北地方太平洋沖地震の記録の速度応答スペクトルは近傍のものとよい対応を示しており、観測記録の信憑性が高いことが確認できた。また、観測記録を震源位置と震央距離ごとにグループ化し分析したところ、ばらつきはあるものの卓越周期の傾向をつかむことができた。マグニチュードが M7.0 以上地震については長周期成分(3.0~4.0 秒付近)が顕著になっている。これは、断層破壊の特性を反映していると考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
永島 茂人 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
地震動 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
学術講演梗概集 
掲載巻ページ:
2011年度大会(関東) 
出版者:
日本建築学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 学術講演梗概集